依存と愛の違いとは?【何故パートナーに依存してしまうのか?】

こんにちは、まっくです。

今回の記事はパートナーへの依存を
テーマにして書いていきます。

また、依存と愛の違いについても
触れていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

依存と愛の違いとは?

人間と言うのは依存体質なので
すぐに依存してしまう傾向があります。

 

 

特に異性に対して愛だと思っていたものが
実は依存だった…

 

 

 

 

なんて言うことはよくあることです。

 

 

 

 

しかも依存していることにすら
気付いていないと言う人が
殆どなのではないでしょうか?

 

 

 

 

なので、ついつい
交際期間に束縛などを
してしまったりするのです。

 

 

 

 

 

では、愛と依存の違いについて
書いていきましょう。

 

 

 

愛とは

 

愛とは一言で言えば

 

 

 

「与えるモノ」

 

 

 

です。

 

 

 

 

愛とは相手主体で
物事を捉えます。

 

 

 

 

  • 「〜〜をしてあげたい」
  • 「相手に喜んで欲しい」

 

 

 

 

と、見返りを求めずに
与えることが愛です。

 

 

 

 

そのような精神は
自分の立ち位置を
相手の立場に立って
物事を捉えることです。

 

 

 

 

例えば子供がいる人は
子供に対して無償の愛を
注ぐことができますよね?

 

 

 

 

そこに見返りなんか
ありませんよね?

 

 

 

親だったら子供に危機が
襲ってきたら
自分の命を捨ててでも
守ろうとしますよね?

 

 

 

 

 

子供を育てるために
大変な思いをしてでも
色々とやってあげますよね?

 

 

 

 

汚いオムツ変えも
オムツが汚れていたら
無意識にやってあげますよね?

 

 

 

 

 

  • 「子供が幸せになってくれるなら…」
  • 「子供が喜んでくれるな…」
  • 「きっとこれは嫌だろうな…」

 

 

 

と相手主体で
想っているからです。

 

 

 

 

 

別にあなたがオムツを
変えてあげたからって
あなたがスッキリするわけでも
ありません。

 

 

 

 

 

スッキリするのは子供です。

 

 

 

 

これって何も見返りを
求めていませんよね?

 

 

 

 

何故、見返りを求めずに
ここまで出来るかと言うと
子供に対して無限の愛が
あるからです。

 

 

 

 

解りやすいように
子供に対してを例にあげましたが、
このように

 

 

 

「〜〜をしてあげたい」

 

 

 

と言う感じで
相手のために相手主体で
感じられることが愛なのです。

 

 

 

依存とは

 

 

では、依存について
一言で言ってしまえば

 

 

「ないと困るモノ」

 

 

です。

 

 

この考えには
自分主体と言う思考が
あります。

 

 

  • 「いないと困る」
  • 「いないと嫌だ」

 

 

 

と言う自分主体の考えです。

 

 

いなくなったら困る
無くなったら困る

 

 

 

と言う状態は愛でしょうか?

 

 

 

まるで、自分の物のような
扱いになっています。

 

 

 

〜〜になったら困る

 

 

 

 

と言う状態は
自分主体で、全く相手の
気持ちなんて
考えていませんね。

 

 

 

 

例えば彼氏が
女友達と話をしていたら
浮気なのではないかと
疑いだします。

 

 

 

 

しかし彼は
女友達から学校の予定を
聞かれていただけでした。

 

 

 

 

ですが、自分主体の人は

 

 

 

「女友達に彼氏を
 取られて彼氏が
 いなくなったら困る」

 

 

 

 

と思い、彼を束縛し始めます。

 

 

 

 

 

これはもう全く相手のことを
想っては
いません。

 

 

 

 

裏を返せば彼が友達から
好かれなくてもいい

 

 

 

 

自分さえ良ければいい
彼が自分から離れなければいい

 

 

 

 

と言う自分主体の
考えです。

 

 

 

 

 

何故、そうのような
考えになるかと言うと
いなくなると困るからです。

 

 

 

 

 

本当に愛があるなら
お互いに信用し合い
お互いのために
相手のことを思えることが
愛なのです。

 

 

 

 

 

 

そのような

 

 

 

「いなくなったら困る」

 

 

 

と言うのは愛でも何でもありません。

 

 

 

 

ただの依存です。

 

 

 

 

 

薬物依存もギャンブル依存も
アルコール依存も全て

 

 

 

自分にとっては

 

 

 

 

 

「無くなったら困るモノ」

 

 

 

 

 

と言うように無意識に
頭の中に刷り込まれているのです。

 

 

 

 

 

なので、依存症の人は

 

 

「やめたい」

 

 

と思っていても無くなったら
困るのでやめられず無意識のうちに
また同じことをしてしまうのです。

 

 

 

「ないと困る」

 

 

 

と言うように
相手のことも考えず
自分主体の
欲しい欲しい精神が
依存なのです。

 

 

 

何故、パートナーへ依存してしまうのか?

きっと、パートナーと付き合い出す頃や
付き合い始めた頃はパートナーに
依存する前には
愛があったと思います。

 

 

 

なので、パートナーが喜ぶなら
やってあげたい

 

 

 

この人のためなら何でも出来る。

 

 

 

と言う気持ちだったと思います。

 

 

だから交際が始まったのだと
思います。

 

 

 

 

それが、いつの間にか
いないと困る存在になって
しまうのです。

 

 

 

 

何故そうなってしまうかと言うと
人間とは同じ感情をずっと
保っているのは
なかなか出来ません。

 

 

 

 

例えばどんなに欲しかった車を
新車で購入しても
何年か乗り続けていたら
あれだけ欲しがっていた車を
新車で買った時の気持ち
と言うのはありません。

 

 

 

 

むしろ、次の別の車が
欲しくなっていたりします。

 

 

 

 

 

このように長い間ずっと一緒にいると
付き合ったばかりのような
気持ちは薄れていき一緒にいることが
当たり前になってしまうため
相手に対して感謝の気持ちや
相手の立場に立って相手を
想うことを失って
行くからです。

 

 

 

 

そして、自分の思い通りに
相手をコントロール出来ないことに
愛が冷めていき

 

 

 

「〜〜して欲しい」

 

 

 

と言うような自分主体の考えに
なっていきます。

 

 

 

 

しかし、愛が冷めたとは言え
今まで長い間一緒にいたので
一緒にいることが当たり前に
なり過ぎて、

 

 

 

 

「いなくなったら困る存在」

 

 

 

 

になってしまうのです。

 

 

 

 

 

また、経済的な面でも
多くの女性の場合は
旦那さんの収入で
生活しています。

 

 

 

 

 

もし旦那さんの収入が
無くなったら困ってしまうので
旦那の収入に依存していることが
多いです。

 

 

 

 

 

また、男性の場合は
家事や育児は妻に
任せっきりと言う男性が
多いと思います。

 

 

 

 

 

もし、奥さんがいなくなったら
全部自分がやらなくてはいけません。

 

 

 

 

なので、
妻がいなくなると
困ります。

 

 

 

 

このように男性の場合は
妻が家事育児をしてくれる
ことに対して依存している
ことが多いです。

 

 

 

 

 

お互いに

 

 

「いないと困る」

 

 

と思っていても
夫婦関係は常に
自分主体な思考なので
噛み合うわけがありません。

 

 

 

 

なので、夫婦関係は
常に冷め切ったものに
なっていきます。

 

 

 

 

 

お互いに依存しているから
「仕方ないから一緒にいる」
と言うようになってしまうので
一緒に生活していても
不満ばかりだったり
つまらなかったりするのです。

 

 

 

 

依存を抜け出すには

依存を抜け出すのは
簡単なことではありません。

 

 

 

何故なら、それは
自分の深層心理に
焼きついてしまっている
モノなので無意識のうちに
その思考が出てきてしまう
からです。

 

 

 

 

 

なので、アルコール依存や
ギャンブル依存、薬物依存などと
一緒で
無意識のうちに体が
勝手にやってしまうのです。

 

 

 

 

まずは、
「自分は依存しているんだ」
と言うことをしっかり
認めて受け入れることから
始めることです。

 

 

 

 

自分が依存していることを
自分で認めない限り
改善の余地はありません。

 

 

 

 

何故なら、

 

 

「自分は依存者ではない」

 

 

と思ってしまったら
改善をする必要もない
と考えてしまうからです。

 

 

 

 

そして、
依存してしまったことには
必ず原因があります。

 

 

 

 

何故、依存してしまったのか?

 

 

 

 

 

その原因を突き止め
経緯をしっかりと明確にすることで
対策を練ることが出来ます。

 

 

 

 

人それぞれ原因は違うので
改善策もそれぞれですが、
依存している人と言うのは
自分主体の思考です。

 

 

 

 

 

その自分主体の軸を
相手主体の軸に変える
意識を持つだけでも
変化はあると思います。

 

 

 

 

 

大切なのは
相手を大切に想う気持ち
相手への感謝
だと思います。

 

 

 

 

一緒にいることは
当たり前ではありません。

 

 

 

 

一緒にいれていることに
感謝することが大切です。

 

 

 

 

自分が依存すれば
相手も依存します。

 

 

 

 

依存は何もいいことがありません。

 

 

 

 

常に不安や苛立ちがあります。

 

 

 

 

 

そんな生活より穏やかで
健やかな
愛のある生活の方が
幸せな人生を歩んでいくことが出来ます。

 

 

あなたはどっちの人生の方が
いいですか?

 

 

 

 

それが解れば
取るべき行動は
自ずと解ると思います。

 

 

 

 

相手に与える側に立って
自分の子供に愛を与えるように
出し惜しみなく愛を
与えてみてください。

 

 

 

 

そしたらきっと
依存から脱却し
あなたの望む未来が
待っていると思います。

 

 

 

 

今回はここまでになります。

 

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして
ありがとうございました。

 

 

 

前の記事        次の記事

 

 

 

お金についての正しい知識

お金についての知識を
最速最短で修得できる

「シンパパまっくの
 お金の勉強」

 

無料トライアル再開しました!

1〜5話まで無料で
ゲットできます。

 

借金で頭を抱えている方
毎月の生活費が苦しい方
お金の悩みが尽きない方
成功してお金持ちに
なりたい方は、
必ずチェックして

みてください。

 

「シンパパまっくのお金の勉強」はここから

 

 

 

おすすめレンタルGPS

不倫調査用のGPSなら
イチロクの
レンタルGPSが
オススメですよ!

取説に記載されてる
URLにスマホでログイン
するだけでスマホの
マップ上でGPSの位置を
簡単に確認できて
取り付けも1秒で
取り付けができるから
簡単で実際です。

実際にボクが使った
レンタルGPS
なので間違い無いです!

 

イチロクのレンタルGPS

イチロク

 

LINE@

LINE@始めました

読者さんからの

ご質問や意見、ご感想を

直接受け取りお返しいたします。

友だち追加よろしくお願いします。

おかげさまでたくさんの方から
LINEを頂いております。
一人一人にお答えいたしておりますが
返信に多少お時間を頂くことも
ございますのでご了承ください。

 

 

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

2件のコメント

  • hamahiro

    夫婦間では多少の依存心は
    あるものでしょうけど
    それでは成熟した夫婦とは言えないんですかね
    中々難しいようにも思えますけどね

    • mac

      コメントありがとうございます。
      夫婦とは言え他人同士ですから
      お互いに価値観も違いますしね。
      その価値観をうまく寄せていかないと
      夫婦はなかなかうまくいかないですね。

コメントを残す




CAPTCHA